アクネ・エイ
サイト移転しました!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsのフォントを綺麗にしたり変えたりできるMacTypeの紹介とプロファイルうp

MactypeっていうWindowsのフォントレンダラを乗っ取って綺麗にするソフトですね。
前から名前だけは知っていたのですが、個人的にはWindowsのパリッとしたレンダリングが好きだったのと、
MacのようなDPIに頼って滲ませただけのボケボケフォント(炎上発言)がだいっきらいなので、どーせそうなるんでしょと思って試していなかったのですが……
なんだか気が向いたのでいろいろ調べてみたところ、MacTypeだけでフォント変更もできるっぽいですねっ……

フォント変更は「MeiryoUIなんてだいっきらい!」というソフトなどで試したことあるのですが、
M+などのフォントにしてもClearTypeが効かずジャギったりしたので諦めてました。

MacTypeならフォント変更&FreeTypeによるアンチエイリアスが効くっぽいです。

ということで……
Android機もkoruriにしたので、WindowsにはOhruriを入れてみることにしました(対応文字が多いようです)

MacTypeの安定版(ひとつ古いバージョン)は >>ここ<< からダウンロードできます。

最新版のMacTypeは >>ここ<< からダウンロードできますが、
Windows10だと動作が安定しない問題があるらしいです。私の環境はWin7なので最新版を入れていますっ

Windows8・8.1の場合は最新版のほうが安定しているらしいので最新版を入れてみましょう。


インストールなどの手順は割愛します。完全モードを選択するといいと思います。


「MacType 用户向导」のショートカットを起動したらウィザードが出ます。


サービスモードはMacTypeを即時反映させることができます。電源を切ると戻ります。
レジストリモードはMacTypeを再起動後に恒久的に反映させます。その後電源を切っても大丈夫です。
最初はサービスモードで様子を見てみるのがいいでしょう。

「次へ」を押すとプロファイル選択画面になります。
様々なイメージのプロファイルが用意されているのでいろいろ試してみましょう。


さてフォント変更ですが、フォント変更は「MacType 配置程序」でプロファイルをいじって行います。

MacType 配置程序 をWクリックするとセットアップウィザードが起動するので、高度な設定をクリック。
フォルダアイコンをクリックしてiniファイルを開きます。
「LCD.ini」が改造に向いています。余計な設定されてないので。
ここの高度な設定ではアンチエイリアス具合の調整などなどもプレビューしながらできたりします。

開いたら、一般タブのフォントを置換を「なし」以外のどちらかにします。
その他タブのフォントの置換の「編集」をクリック。

右上のボックスが置換する対象のフォント、右下のボックスが置換後のフォントを選ぶ所になっています。
メイリオやMS P ゴシックなどをOhruriに変更しました。

フロッピーディスクっぽいアイコンをクリックすればプロファイルを保存できます。
別の名前で保存しておくのがよいでしょう。

そして「MacType 用户向导」を起動してサービスモードで新たに作ったプロファイルを読み込めば、
フォントが変更された状態でMacTypeが効くと思います。
レジストリモードでプロファイルを読み込めば再起動後も繁栄されます。


さて~~~ぐだぐだと画像も無しにフォント変更まで紹介しましたが、私は

MacのようなDPIに頼って滲ませただけのボケボケフォントがだいっきらい

です。でもWindows7のClearTypeも少々ジャギってる気がします。

ので、「Ohruriで」かつ「Macのように文字が太すぎない」かつ「Windowsのようにジャギってもいない」
シャープな感じを目指しました。

こんな感じです。↓



フルサイズ→https://pbs.twimg.com/media/CP_cl0jVEAAwTuZ.png:large

けっこう綺麗になったと思います。
iniの設定はこんな感じです、コピペしてiniとして保存すればそのまま読み込めます。




[General]
HintingMode=1
AntiAliasMode=4
NormalWeight=15
BoldWeight=2
ItalicSlant=0
EnableKerning=0
GammaMode=0
LcdFilter=2
BolderMode=0
TextTuning=0
TextTuningR=4
TextTuningG=4
TextTuningB=4
GammaValue=1.4
Contrast=1.7
RenderWeight=1.4
Fontlink=2
HookChildProcesses=1
FontLoader=0
FontSubstitutes=2
LcdFilterWeight=0,40,109,41,0
Shadow=1,1,0,0x0,0,0x0
MaxBitmap=0
CacheMaxFaces=256
CacheMaxSizes=12554432
CacheMaxBytes=12108864
Name=Default_Ohruri2

[Experimental@Thunderbird.exe]
ClipBoxFix=1
[Experimental@firefox.exe]
ClipBoxFix=1
[UnloadDll]
adb.exe
Andy.exe
AndyPriorityMgr.exe
conhost.exe
HandyAndy.exe
VBoxHeadless.exe
VBoxNetDHCP.exe
VBoxSVC.exe
VirtualBox.exe
[exclude]
[FontSubstitutes]
メイリオ=Ohruri Regular
MS UI Gothic=Ohruri Regular
MS Pゴシック=Ohruri Regular
MS P明朝=Ohruri Regular
Meiryo UI=Ohruri Regular
Tahoma=Ohruri Regular
MS ゴシック=Mgen+ 1mn regular
MS 明朝=Mgen+ 1mn regular
[Individual]
[excludeSub]




プロポーショナルフォントはOhruri Regularで、等幅フォントはMgen+ 1mn regularで差し替えています。
一部の調整値はDefault.iniを参考にしています。
アンチエイリアスのカスタムフィルターの値をいじって文字をシャープにした感じです。


これでも一部フォントが変わらない部分(cmdなど)はあります。
あとアンチエイリアスが効かない部分(ウィンドウタイトル文字など)もあります。

このへんはMacTypeの限界なので諦めましょう……

もうちょっと改良の余地があるかも?


あとこれだけだと一部の場所で文字化けが発生します。
「右クリックメニュー」と「通知バーのマウスオーバー時の文字(こっちは発生しないかも)」です。

コントロールパネル→個人設定→ウィンドウの色→デザインの詳細設定
で、
「指定する部分」の「メニュー」の「フォント」を「Ohruri Reglar」にすると、
右クリック時メニューの文字化けが直ります。
そして「指定する部分」の「ヒント」の「フォント」を「メイリオ」にすると、
通知バーのマウスオーバー時の文字化けが直ります(理由がさっぱりわからない


テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

かうんたー
プロフィール

ぱんにゃあ(p°ω°)p

Author:ぱんにゃあ(p°ω°)p
主にTwitterで活動(?)してます。
ブログ見たよ!とか言っていただけると喜びます。(●ω●´)
Twitter
ツイプロフィール
ほしいものリスト(Amazon)
トップページ予定地(工事中)
Ask.fm(PanNyaa)
Github(PanNyaa)
Github Gist(PanNyaa)
投稿した動画(ニコニコ動画)
投稿した動画(youtube)
作った曲たち(TMBOX)


最新記事
最新コメント(コメントしてくれると嬉しいな…)
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク & 相互リンク
    相互リンク大歓迎です~☆
    Twitterか何かでコンタクトしてみてください。


  • 管理画面

ブログ内検索
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。